ホワイトニングとクリーニング、どちらを選ぶといいの?

ホワイトニングとクリーニング、どちらを選ぶといいの?

「ホワイトニングをしたい」とクリニックでお願いしても、あまり勧められなかったり
歯のクリーニングを勧められた経験はありませんか?

 

ホワイトニングとクリーニング、この2つの施術はどう違うのでしょうか?

 

ホワイトニングとは文字通り歯を白くするための方法で、薬剤で歯の表面を溶かしてまだ色がついていない白い歯を表面に出すことで白さを実感することができます。

 

一方クリーニングは、歯の汚れを落とす施術で普段の歯磨きでは落ちにくい歯垢や茶渋などの汚れを専用の機械で落としていきます。歯周病や口臭の原因にもなる歯石も取り除き口内環境を整えるというメリットがあります。

 

ただ薬剤を使ったホワイトニングを施術してもらうと、少なからず歯自体が薄くなってしまいます。薄くなると歯がしみやすくなり冷たい飲み物や熱い食べ物を食べると過度に刺激を感じてしまう人も中にはいるようです。

 

 

 

また歯のクリーニングの場合は、歯についている汚れを落とすことが目的です。汚れが落ちることで元の歯の白さを取り戻すことはできますが、それ以上に真っ白にすることはできません

 

歯のクリーニングの場合は保険が適用されますが、歯を白くするホワイトニングは自費になるため費用が高額になります。

 

歯石や歯垢などが目立つようであればクリニックでクリーニングしてもらい、ホワイトニングは医院で行うか、薬用ちゅらトゥースホワイトニングといったセルフホワイトニングを選ぶのが一般的です。

 

自宅用のホワイトニング剤などが数多く販売されていますが、初めてホワイトニング剤を使うという方には薬用ちゅらトゥースホワイトニングが評判です。公式通販サイトで24時間購入手続きができるので、一度商品情報などもあわせてチェックしてみるといいですよ。